新聞配達の仕事

拡張営業への助走、集金の時期が来たッ!

更新日:

新聞拡張営業集金

入社して2~3週間たつ頃、まだ仕事も良くわかってない時期にやってくるのが、集金の時期だ。

大体、毎月25日前後から集金が始まる。どこの新聞屋でも同じだろう。

店から証券とつり銭を渡され、行って来いと言われる。

集金方法なんか、詳しく教えてくれる先輩なんかいない。

何故なら、その先輩も集金しなければならないからだ。

新聞業界で試用期間などないのも、こういうことがあるからだろう。

私の場合、先輩についていき、1件だけ先輩の集金を見て、あとは自分の区域を回ってくれと言われた。

集金業務は約10日間だが、5日間で90%を超えることがノルマである。トークも接客も最初は関係ない。とにかく数多く回り、1件でも多く回収すること。これがミッションだった。

入ったばかりの私は、集金の時に挨拶を兼ねて名刺を配り、挨拶した。

そんなことをしていたのでは、5日で90%なんて終わる訳がない。

しかし、まず既存のお客様に好印象を与えなければ、その先の営業なんて出来ないだろうと思っていた。

意外と苦労したのが、つり銭の計算。

私の販売店は、A紙だけではなく、N紙や、その他にもいろいろな新聞を扱っていたので、併読のお客様や、3紙・4紙と読んでくれているお客様もいた。

だから予め、つり銭を計算してからインターホンを押すのだが、いろいろ言われてからだと忘れてしまい、お客様の前で計算機をだすので、おもいっきりど素人の新人ですと言っているようなものだった。

最初の月、お客様はやはり、みんな素っ気ない感じだった。

中には「また担当が変わったの?」「また辞めたの?」「お宅は本当にコロコロ人が変わるわね~」「最近、配達遅くなったから、また人が変わったと思ったわよ」とクレームを言われることが多々あった。

ただ、インターホンを押すだけでドアが開くので、こんなに楽な営業につながるツールは無い。

お客様と話す機会も多いので、意外と楽しかったりした記憶もある。

 

営業力を付けるなら自己投資を!

オレが新聞勧誘の営業手当で月10万円以上稼いだ秘密です。
投資をしても営業手当ですぐに元は取れます。

-新聞配達の仕事

Copyright© 新聞営業コツとトークで月10万給料アップ , 2019 All Rights Reserved.